空室対策 賃貸管理 株式会社ハウジング・ アイ 
スマホ版HOME PC・タブレット版HOME




空室対策・賃貸管理ブログ


空室対策と空室が増えない対策
当社の考える
空室対策
空室を「できるだけ早く」、「適切な賃料」、「最小限の負担」、「安全」に
賃貸することを目標としております。
実用性重視の
空室対策とは
賃料を下げたり、高額なリフォームを行えば、入居者が決まりやすくなりますが、
収支が合わなければ意味がありません。
値下げや高額リフォームを行う前にできることを提案したいと思います。
空室対策事例は「空室対策・賃貸管理ブログ」で紹介しております
新しい賃貸スタイルとは 少子化、高齢化、未婚率上昇、空室数増加などの社会情勢により
従来の募集方法では入居者がなかなか決まらない場合も増えております。
入居者の対象を変更する(広げる)ことや貸し方を変更することによって
新たな入居者を獲得している事例もございます。

新しい賃貸の事例
@外国人入居可能賃貸物件(当社 取り扱い有り)
下記リンクご参照お願いします。
外国人入居可能賃貸物件

A高齢者向け
高齢者対象とした賃貸に関しては入居者の年齢、健康状態、
経済状況に応じた対応が必要になります。
「健常者向け賃貸物件について」
需要増加の見込みはございますが、介護が必要になった時の契約(解約)条件と
身元引受人(緊急時に確実に連絡が取れる方)を定めることが重要です。

Bシェアハウス
戸建てまたはファミリー世帯向け共同住宅の1室を居室単位で賃貸する方法です。
リビングや水回りなどは賃借人で共同利用します。
新しい出会いを求めて希望ある賃借人を受け入れる素敵なシェアハウスがある一方、
ずさん管理でクレーム続出のシェアハウスもある模様です。
運営会社の不振で借り上げ契約が破綻したシェアハウスもございます。
収益は通常の賃貸よりも高くなる可能性ございますが、
稼働率が安定しない(満室になりにくい)点、
賃借人の入居期間が短い(数ヶ月単位)点、
室内共有部分の掃除やメンテナンスが必要になる点など
通常賃貸よりも運営が煩雑で懸念事項も増えます。
空室が増えない
対策とは
折角決まった入居者が短期で退去してしまったら、安定した賃貸運営が難しくなります。
管理対応の悪さでのクレームや退去は絶対に避けたいです。

入居者に長期入居していただく為の管理上の工夫もございます。
長期入居につながる事例も下記ブログにて紹介しております。
空室対策・賃貸管理ブログ
お問い合わせ 電話 03−5701−0507
(移動中は電話を携帯に転送しております。着信できなかった場合は折り返し連絡いたします)
メール 
webmaster@housingi.co.jp
賃貸物件担当 石田宛
「入居者募集の件」とお申し付け下さい。
当社お取引の建物所有者の90%以上はインターネットからのお問合せでございます。

会社概要

ご来店希望の方へ

外国人入居可能物件WEB